記事一覧

松浦早希バースデー2016  2016年09月10日(土)23時15分

夜は毎年恒例の早希ちゃんバースデー。色々場所は考えたのだけど、本人のイクラが食べたいという希望により去年と同じ東京ドームホテルのリラッサ。
ファイル 2230-1.jpg

早希ちゃん誕生日おめでとう!( ^^)/▽☆▽\(^^ )
ファイル 2230-2.jpg

今回は松田千沙采ちゃんも参加。
ファイル 2230-3.jpg

バースデープレートも!今回はちょうど窓際だったのでなんとなく夜景も。
ファイル 2230-4.jpg

チケットが貰えたので、お食事の後は東京ドームシティへ。
メリーゴーランドに乗りたいというので一緒に。
ファイル 2230-5.jpg

あれ?なんでみんなは外から撮影?(^^;

ふー、一日楽しかったな(⌒▽⌒)
また来年~(* ̄∀ ̄)ノ

銀ブラ  2016年07月24日(日)23時54分

今日はよくわからないけど銀座でお散歩するイベント。早希ちゃんが浴衣で来るらしい。謎ツアーみたいな感じかな?浴衣ってことでカメラを準備。

銀座三越のライオン前で待ち合わせ。夏の初めで結構な日差し。暑いな。

参加者はハルカさんと二人。一方同時開催で松田千沙采ちゃんも同じイベントを。こちらは3人くらいかな?

銀座の1丁目から6丁目までの通りをお話ししながらぶらぶらと歩きながら撮影する感じ。あまり撮影だと思っていなかったのだけどなんか撮影メインだな。

早希ちゃんの浴衣は白に、これは折り鶴かな?涼しげだ。まあ、浴衣は見た目より結構暑いらしいけど。
ファイル 2211-1.jpg

歩きながらお話ししながら良さげな場所を見つけて撮ってみる。
ファイル 2211-2.jpg

撮影条件がちょっと難しかったかなあ?空は青かったんだけど、なんかいまいち設定を掴み切れなかった気がする。絞った方がいいのか開けたほうがいいのかもちょっと悩んでしまった。
ファイル 2211-3.jpg

さり気なくプレゼントした指輪を使ってくれてるところが嬉しい(≧▽≦)
ファイル 2211-4.jpg

少女人形舞台とかお芝居で会えるのはいいけど、こういうお話しできるイベントいいよね。

最後は風月堂でかき氷や和菓子を。いきなり夏満喫だな(⌒▽⌒)
ファイル 2211-5.jpg

コメント一覧

ムーンライトチェリー (10/16 16:03) 編集・削除

更新日飛んでいるけど初夏ごろのイベントですよね。
早希ちゃんはこういう格好だと小唄とか踊りのお師匠さんっぽい感じですね。

魔竜王 (10/20 01:58) 編集・削除

日付直したっス(>_<)
随分とたまってしまった_(:3 」∠)_

第二弾・タイラー!上映会&トークショウ  2016年07月23日(土)23時25分

2度目のタイラー上映会。今回は赤坂予アニカフェ。こないだまでドリームマシンラボだったところ。まだGoogleMAP上はDMLのままなので道に迷った人もいるようだ。

今日は3部構成と非常に大変な状態だ。3回見なければならんか・・・1日ここだな。
1部はソラ組、2部はテラ組、3部は合同な感じになっている。

今回は物販スペースを広くとっており、2L写真や団扇などが売っていた。ここは早希ちゃんの写っている写真と団扇を確保しておかないと。
ファイル 2210-1.jpg

イベントの司会は前回同様松田千沙采と中村彩香の二人。前回より慣れてきた様子。
今回も開始前に質問を書かされる。やれやれ。

上映されるものは前回と同じ。ゲストはアッシュ役の縣佑芽(あがたゆめ)さんとバーンスタイン役の前田沙耶香さん。

おおう、二人ともやっぱお芝居の時とは印象が随分違うな。舞台しか見てないと分からないからこういう機会は面白いね。縣さんは殺し屋役だったけど、なんだか女の子らしい感じ。

二部はこれもバーンスタインの伊藤美裕さん、ジェット・ミシマ役の涼木ちえみさん、そしてマキ役の松浦早希ちゃん、ギドク役の倉本幸歩さん。

倉本さんはタイラーが好きで偶然オーディションを見て応募したそうだ。愛されている作品なんだなあ。

三部は総出演に加えて、前回も参加した大門香実さん、そして実は今日が最後のイベント参加となるアザリン役の内田菜月さんだ。これで引退しちゃうらしい。あらら、勿体ない。

イベント内容は前回と同じで上映会後にトークコーナー。なんだか前回に引き続き毎回読まれた気がする(^^;

最後には相性ジャンケンでブロマイドプレートがもらえるのだが、なんと内田さんのが当たってしまった。欲しい人は結構いるだろうにすんまそん(;^ω^)
ファイル 2210-2.jpg

今回のキャストが次回のタイラーに出れるかわからないけど、どうなるか楽しみだね。

タイラー上映会 #タイラー  2016年07月09日(土)23時22分

タイラー上映会はソラ組、テラ組の2回上映。まずはソラ組から。こちらは見ていないので初見となる。場所は少女人形舞台と同じく東中野shed Yes!

上映されるものは一応編集されている。まあ、ちょっと雑な気もするけどとりあえずミュージカルってことで歌のシーンはすべて残してあるようだ。なので1時間くらいか。

ソラ組のタイラーは山下もえさん、アザリンは内田菜月さんだ。お、松田千沙采ちゃんとありんこ、いや杏きな子さんもこちらの組だったか。

意外と雰囲気はテラ組と近いかも。内田菜月さんの方がちょっと大人っぽい印象。涼ちゃんのイメージがあったせいもあるかもな(笑)

上演の後にはトークコーナーが。ソラ組のミサンドリ/小山ひかるさんと、アーサー/宮森ちひろさんが参加。早希ちゃんも少女人形舞台の流れで参加だ。司会は千沙采ちゃんと中村彩香さん。

事前にキャストへの質問などを提出させられて、それをもとに進められる。歌のリクエストもありだ。ソラ・テラ共に読まれたや(^^;
まあ、そこそこ無難な質問。

夜の部はテラ組の上映。やっぱり直接見たせいか少し贔屓目があるみたい(^^;
でも、あれ?テラ組なのにアザリンが内田さん?そいや収録された金曜はちょっと変則だったか。

ちょっと惜しいのがアップ過ぎてメイド長/大門香実さんが銃弾を素手でつかむシーンが映っていないこと。何が起こったのかわからん(笑)

トークの出演はその大門香実さん、タイラー/下京慶子さん、マキ/松浦早希ちゃんだ。
ファイル 2205-1.jpg

大門さんはなんか予想通りのチャキチャキ系。そのままメイド喫茶にいそうだね(^^)
下京さんも男装から解放されて雰囲気ががらりと変わる。美人さんが男装やると格好いいのだけど、やっぱ女性らしくした方がいいな(^^;

トークも結構面白い。役者さんはお芝居やってるところしか見れないからね、演技していない姿を見るのもよいね。

ちなみにタイラーは次回作も既に予定されているらしい。次も出る人はいるのかな?

最後には抽選会。サイン入りプレートが当たる。残念ながら早希ちゃんのは当たらず_(┐「ε:)_

とか、思ってたらまた上映会やるらしい。でも今日思ったより人集まってなかったけど大丈夫かな?(; ̄∀ ̄)

少女人形舞台 幻奏の宴Vol.22 ~人形は夏服の夢をみる~ #少女人形舞台  2016年07月09日(土)21時07分

お昼から少女人形舞台。東中野shed YES!だ。最近はここが多いね。なお、夜にはこないだ上演されたタイラーの上映会がある。

今回の参加は松田千沙采、あゆみっくわぁるど、またか涼、中村彩香、倉敷あみ、太田美月、宮森ちひろ、松浦早希といったところ。

太田美月さんは以外にも初参加。倉敷あみさんもミドルガルズの終演祭以来かな?

まずは松田千沙采ちゃんの「那由多」から。だんだん歌が安定してきた感がある。元々筋が良さそうなので成長株かも。ライブもいろいろやっているみたいだし。

太田美月さんの「夏服の少女」少し緊張しているかも。人形はさすがにまだまだだけど、声はいい感じだね。

再び千沙采ちゃんで「夏の絵本」今回のサブタイトルが~人形は夏服の夢を見る~なので、あるだろうと思った曲。

今回も「朧丸と眉月姫」の朗読が。挿入歌に涼ちゃんの「青い春」。最初がダイジェストでお話が一気に進んでしまったので今回はゆっくりな感。そのうち実際にお芝居でやられるかもな。

ゲストの宮森ちひろさんで「ギリシャの旋律」タイラーに出てた子だね。ってソラ組は見てないのだけど。この後の上映会にも出るらしい。

「愛すること」千沙采ちゃん。歌姫ってことで結構歌う流れだね。

「プラテーロ」はゲストの倉敷あみさん。この人は妖艶だったり、かっこよかったりするのは物凄く得意だね。

そして涼ちゃんは「月の魔力」少女人形舞台は涼ちゃんの歌がなくてはならない気がする。続けて「ロストエレジィ」だ。

最後は全員で「那由多」少女人形舞台のテーマソングだしね。

最近は終演時に人形紹介と撮影タイムがあったりする。SNSに拡散してくれとのこと。
ファイル 2204-1.jpg

人形舞台も変わったもんだ。でも、やっぱり終演後にちょっとでもお話しできたりするのは嬉しいね(^^)
ファイル 2204-2.jpg ファイル 2204-3.jpg

さて、夜まで時間あるので近くのお店でご飯にしよう。

タイラー! #タイラー  2016年05月29日(日)23時49分

あのタイラーが舞台化!なんて言っても、最近吉岡先生がやたらいるので、これは時間の問題だったか(^^;

そして最近の流れか、集客の都合か今回も女性オンリーのお芝居。タイラー役は難しいだろうなあ。

ダブルキャストがあったんだけど、もちろん見に行くのは早希ちゃんのいるTera組。っていうかもう千秋楽だ。平日は間に合わないからなあ。

場所は新宿シアターブラッツ。旧厚生年金会館の向かいだ。千秋楽ってことで近くの花屋で花束を購入。ステージで渡せるといいな。

自由席だがうまいこと前の方に座れる。中央の通りの端っこでもあるので出やすいな。

オープニングダンス。新作なので音楽も新曲ばかりだ。今回は大堀薫さんが音楽監督になっている。ミュージカルってことで結構大変だったろうな。

で、主役のタイラー役は下京慶子さん。いやあ、下手じゃないんだけど、やっぱりタイラーは役的に難しそうだ。朗読劇で飯田くんがやってたけど微妙だったしな。そう考えると辻谷耕史さんが凄いのか。

今回のメインのヒロインは皇帝アザリン役の太田里織奈さん。おおう、これは美しいな。アザリン的な振る舞いもらしい感じで、これは良い配役だ。

早希ちゃんはタイラーに突撃取材するジャーナリスト役。なんか早希ちゃんらしい役だなあ(^^)
相方のカメラマンに佐藤夏子。藤原夏姫ちゃんの女優名?だ。LOVE ME DOLL以来かな?

身分を隠して、フーテン状態のタイラーの相棒になっているチンピラが中村彩香。ん、こないだの桃のプリンセスもチンピラだったような(笑)
売っているブロマイドも桃プリと区別がつかない(^^;

面白いのはメインの舞台がメイド喫茶。なるほどこれなら女の子沢山出演できるし華もあるというものだ。そして、実はそれがタイラーを護衛している中身おっさんのサイボーグだったという設定(笑)

メイド長は大門香実さん。お店の常連さんに中身がバレても告白されて・・・「大切にしろよ」とキスするシーンがお気に入り。メイド好きなせいもあるけど、大門さんなんかよいなあ(^^)

悪役の親玉に藤本美貴さん。高笑いキャラだ。紗幕の裏にいることが多かったけどね。今回は紗幕を効果的に使ってた感じがしたな。

手下の殺し屋二人組、アッシュ役の縣佑芽さんはキレがあったなあ。どうやら振付を担当したらしく、なるほどって感じだね。

もう一人はギドク役の倉本幸歩さん。殺し屋でハンマー?って感じだけどなんか似合ってる(笑)
実はタイラーファンで、タイラーと聞いてオーディション調べて応募してきたらしい。

面白いのが、アンドロイドのロビン。コスプレタレントのしらほしなつみさん。一見必要な役なのかなあとも思えるのだけど、意外と絡んだりして重要な役どころなのかも。とてもアンドロイドらしい動きなのだけど、タイラーの時代ならもうちょっとまともなアンドロイドなんじゃないかなとも。まあ、それではわかりにくくて話にならないのだけど。

全体のストーリーとしては、戦争を終結に導いたタイラーが元帥を引退し、身分を隠して気楽になぜかメイド喫茶でフーテン暮らしをしていたと。そこへ、タイラーが死んだとのニュースが流れ、情報を確かめにラアルゴン皇帝アザリンが惑星ボロンゴを訪れるという流れ。

連合宇宙軍統合作戦本部副参謀のミサンドリがタイラーとアザリン殺すための手下を送り込むという寸法だ。

なので、エージェントと殺し屋の殺陣が見もの・・・ってかミュージカルなのでなんかダンスっぽくなってる。それに、メイドチームが加わる。メイドたちは基本マシンガン的な装備だが。

うん、お話的にはタイラーだなあという感じ。艦隊戦的なものはないけどね。ファンにも楽しいし、知らなくても楽しめるのじゃないかな?個人的にはもう少し派手な感じでも良いかと思うけど、そもそもタイラーだしなあ。気楽に見れる雰囲気なのが良いかも。

次回作も用意されているらしいので、ちょっと期待。なんにしても再演じゃなくて新作なのが嬉しかったりする(^^;

エンディング。役者紹介の時に花を渡せなくて、ダメかなあと思っていたら、下京さんが「少女人形舞台を率いる松浦早希さんが・・・」ってタイミングよく紹介してくれたので、ここぞとばかり花束を持って躍り出る(* ̄∀ ̄)ノ∠+.゚
ちょっと大きめの花束にして良かった。

物販。千秋楽なので心配だったがなんとかパンフは残っていた。開始前に買っていたのだが、終了時には売り切れだったのでセーフ。あとはいつものカンパニーノートと台本だ。ブロマイドがあったのでこちらも購入。最近のシステム通り3000円購入で握手&サインをしてもらえる。

ここは早希ちゃんと佐藤夏子さんで。丁度パートナーの役だしね。パンフにサインしてもらう。

次回は少女人形舞台かな?7月みたいなのでちょっと間が空いちゃいそうだ。

少女人形舞台 幻奏の宴Vol.21 ~卯月の庭に花は散りぬる~ #少女人形舞台  2016年04月23日(土)22時29分

こないだ芝居があったばかりなので今月はないかなと思っていた少女人形舞台。慌ただしく参戦。今回も夜は旅行かばんがあるのだが、先約があるので夜は回避だ。

場所は東中野Shed yes!だ。最近多いところだね。中に入ると早希ちゃん、あゆみっく、中村彩香さんがドールをやっている。彩香さんは全然そう感じないけど少女人形舞台は初めてらしい。

10分ほど押したので人形も10分延長。結構きついかも。目は瞑ったままのドールもいたけど、30分以上立っているのはやっぱり大変だ。

あれ?今回はリーフレットがないのか。なので、曲の記憶が曖昧(^^;

最初にいきなり「プラテーロ」涼ちゃんだ。少女人形舞台は人形も重要だけど、歌が良くないと雰囲気が出ないからねえ。必然的に涼ちゃんの出番が多くなる。

しかし、最近「歌姫システム」なるものを導入したので、歌のレベルが向上した感じ。今日の歌姫は沼尻直子さんと松田千沙采さん。
直子先生は「ギリシャの旋律」「遠い風の伝説」等。

二人のハモりも入ったりしてナイスだ。

中盤からは朗読劇も入ってくる。今回ゲストの藤原夏姫・・・あ、佐藤夏子だっけ?さんも朗読で参加。珍しく新しいお話だ。ちょっと面白そうな展開なのだが、長くなるので、続きは次回とのこと。ってその後の話をなんだかダイジェストで語りだす(笑)
ダイジェストって何だよ。次回の続きはどっからだ。ダイジェストの先からだったりしないよな(^^;
次回予告というよりネタバレ的な感じだったのだが・・・。まあ、次回に期待しよう。

「背中の羽は夜に羽ばたく」等もあったりして、今回は結構盛りだくさんだった気がする。時間も1時間半くらいあったし。と、思ったらなんか予定より早いらしい。いきなり朝倉さんの思い付き?で人形への質問コーナーに。

オープニングの人形は他の人は無心らしいが、初めての中村彩香さんはやっぱり痛かったそうな(^^;

桃子人形との演じ分けについて早希ちゃんはアンドロイドは自分で動く、人形舞台は力を抜いた動きというイメージで分けているらしい。なるほど、確かにこちらは上から釣られて操られる感じだね。

最後は記念撮影が。こないだの芝居もそうだが、SNSで拡散して欲しいようだ。
ファイル 2173-1.jpg ファイル 2173-2.jpg

少女人形舞台の次回は未定らしい。とりあえず来月のお芝居が終わってからかね。次回の芝居はなんとタイラー!とうとう来たか。朗読劇は別途やってたけど、また、出演者全員女の子での舞台化のようだ。どうなることやら(^^;

桃のプリンセス早希ちゃん千秋楽 #桃のプリンセス  2016年04月03日(日)23時00分

早希ちゃん千秋楽。ここはお花買っておかないとな。ちょっと遅れちゃったけど、今日は指定席だし大丈夫だ。

お、最前列追加したのか。お客さん増えたみたいだな。私の席は2列目の左端だ。まあ、お花が置きやすくていいや。

お芝居はまあ、キャストは昨日と一緒だ。しかし、あれだね。昨日もそうだけど、今日もミスが少ないね。早希ちゃんの腕は今日も取れなかったから、取れない仕様なのだろう。
最後のベランダでの銃撃戦シーンは這いつくばっての演技だから、後ろの席だと見えないのだが、前だと見られるね。一応段差はあるのだけどね。

挨拶のシーンで、早希ちゃんが千秋楽なことが紹介される。ここだ!ってわけで花束献上。何気にいつもこういうのドキドキする(^^)
ファイル 2166-1.jpg

早希ちゃんちょっとうるうる(^-^)
思い入れが強ければ強いほどね。

最後の物販で演出ノートも買って、やっぱり最後の握手会。
千秋楽お疲れ様!
ファイル 2166-2.jpg

次回は4/22の少女人形舞台。そして、5月にはあの無責任館長タイラーを舞台でやるらしい(^^;

朝倉薫演劇団25周年記念公演 スペシャルLIVE  2016年04月02日(土)23時58分

夜はスペシャルライブ。出演が早希ちゃんとあゆみっく、沼尻直子、花咲琴音さんしかわからなかったが、どうやら琴音さんは出演がなく、桃プリメンバーがほとんど出るとのこと。

開場。ひょっとして桃プリ人形が3体ステージで人形やってるかと思ったけど、そんなことはなく普通に前物販(^^;

桃プリと同様3000円での握手&サイン券を配布している。さっき執拗に言われたのであゆみっくの写真集買っておくか(^^;

開演。どうやら、スペシャルライブは25周年ってこともあるし、朝倉薫演劇団の劇中歌をやるらしい。まあ、少女人形舞台もそうっちゃそうなんだけど(^^;
残念ながら生バンドはない。

桃子トリプルキャストの太田美月さんと小澤優泉さんは見てないんだよな。優泉さんはミドルガルズとかも出てたけど。沼尻さんは役者ではないのでライブのみの出演。他は蒼ななか、松田千沙采、中村彩香、真一涼、倉敷あみが参加。

ちょっと曲や歌った人がうろ覚えなのだけど・・・

「君忘れじのマンハッタン・ジルバ」倉敷あみさん他ダンサーも。今やってる桃プリだね。今回は白石まるみさんが歌ってましたな。あみさんは歌うまいね(^^)

「遠い風の伝説」歌いたい人が多い中ゲットしたのは沼尻直子先生。直子先生は音域が広いらしい。これはCherryPrincessに入ってたな。

「心にちょっと雨漏り」「ホテル夕陽館」の劇中歌。93年なのでさすがに見ていないなあ。Actressに収録されているので曲はよく聞いたけど。

「夜汽車は何処へ」直子先生。初回のミッドナイトフラワートレインは95年なので見ていないが、再演が多いし、XFLでもよく歌われる曲だ。

「忘れかけたセレナーデ」ガラス工場にセレナーデから。この曲も良く歌われるね。

「jitterbug」衣装良く残ってたなあ。懐かしい。98年だから18年前のだ。時々見かけはしてたけど。そしてこの曲こそ生バンドでやって欲しかったなあ。

「遥かなるミドルガルズ」2013年と2015年公演だから最近だね。実は涼ちゃん歌いたかったらしい。

「たそがれロンリー」朝倉さんにコールを強要される。んなこと言ってもだれもついて来れるわけないじゃないの。ま、とりあえず入れる。太田美月・小澤優泉の二人が歌ったのだが、名前がすっと出てこない。あうあう。そして一人コールは辛い_(:3 」∠)_
というか、たそロンは劇中歌なのか?

「天まで上がれ」オケがないってことで、これは朝倉さんがギターを引っ張り出して伴奏。

「月の魔力」松田千沙采さんと直子先生。月光の不安からか。あの作品はかなりイカレてたが・・・歌はいいよね。

「プラテーロ」元々少女人形舞台の挿入歌。月光の不安で使ったんだっけかな?この曲もいいんだよな。少女人形舞台が踊る。いつもの振りとちょっと違うか。

「那由多」これも松田千沙采・直子先生コンビで。LoveMeDollの主題歌だっけ?少女人形舞台のテーマ曲っぽくもなっている。元々は「那由多の契り」だったんだけどタイトルが「NAYUTA」になったりちょろちょろ変わっている。

「憧れに向かって」ああ、そうか。スペシャルライブは結局XFLのノリだったか。と最後に気づく。XFLはその年のお芝居の劇中歌をまとめたりする場合が多かったが、それを25周年記念バージョンにしたってことね。

終演後は昼と同じく握手&サイン会。写真集を買ったあゆみっくと、台本買い足して早希ちゃんのサインを。
ファイル 2165-1.jpg ファイル 2165-2.jpg

涼ちゃんはなんかツインテールがお気に入りらしくご機嫌(^^)
どうやらにこにーなイメージらしい!?
ファイル 2165-3.jpg

そして結局明日の昼公演、早希ちゃんの千秋楽を見に行くことに。指定席なのでちょっとお高いのだけどな(^^;

朝倉薫演劇団25周年記念公演「桃のプリンセス」 #桃のプリンセス #桃プリ  2016年04月02日(土)23時55分

今日は楽しみにしていた桃のプリンセス。あまりに仕事がきつきつだったのでお花贈りそびれてしまった_(:3 」∠)_
まあ、経済的にもきついのだけど。働けど働けどわが暮らし楽にならず・・・。

ま、それはさておき千本桜ホール。1年振りだな。あれは月蝕だったが。今回は朝倉薫演劇団25周年記念ってことで、桃のプリンセスだ。んで、トリプルキャストではあるけれど、早希ちゃんが桃子役となっている(⌒▽⌒)

出演者の目玉は白石まるみと守永真彩親子。二人とも出るのは久しぶりだが、共演は初めてらしい。しかも、守永真彩がボスで、白石まるみが姉さん役ってことは、あれ?ひょっとしてキスシーンなかったっけ?┌(゚Д゚;)┐

というわけで、今回は全員キャストが女性だ。最近このパターンが多いが、ギャング全員女なのか・・・。

12時半開場なのだが、今回は指定席と自由席があって料金が違う。千本桜ホールのキャパで指定席とか大した差がない気もするのだが・・・まあ、取り敢えず早希ちゃんがキャストに決まる前にチケット申し込んだので自由席だ。2000円も違うしな。

指定席と自由席は椅子の色で分けられているとのことだったので、緑色の席の一番前に座ったのだが・・・どうやらこれが誤情報だったらしく、結局後ろから2列目に移動する羽目に。あら、こりゃちょっと後ろだな。ん、でもこっちの方が見やすいかも。ただ、最後の撮影タイムは・・・厳しいかな(^^;

開演前に物販が。3000円以上買うと握手&サインをしてもらえる券がもらえるシステムは健在だ。売られているものを見ると・・・、パンフ、カンパニーノート、台本、演出ノートと盛りだくさん。更に、ここに個人別の写真集が・・・┌(゚Д゚;)┐
そして、いつも通りブロマイドも。これ、ちょっときつい気がする_(:3 」∠)_

ステージ上にはセットの裏に生バンドがセッティングされている。生バンドと言えばjitterbugを思い出すなあ。いや、紗幕があるところから深い霧のホテルの冒頭も連想させられる。

前説は蒼ななかという女の子。まだ、16歳?チンピラ風に登場。バンドの紹介なんかもしたのだけど、その流れからいきなり1曲歌う。この役は、出て早々殺されちゃうので1曲歌えるのは良いところだろう。

オープニングは守から。松田千沙采だ。経験の問題かもうちょいな感じがするが、楽しそうな演技をする。先程のななかさん同様、1曲歌う。これはオリジナルだな。どうやら生バンドが入っていることもあって、いろいろ曲を作ったらしい。神津さんも大変だな(^^)
ギャング登場のシーン。ボスが守永真彩、岩沢が倉敷あみ、宮瀬が中村彩香、そして先程の蒼ななかでマシンガンララバイ。さすがに迫力はもう一つか。マイクもいまいちな部分があるが、女の子ばかりだと少し華やかな感じもする。

ボスの部屋シーン。ここでもボスの歌シーンが。うむ、歌うまいな。演技もよい。初舞台の時も光っていたが、6年で更なる成長が伺える。

桃子役は松浦早希。少女人形舞台でも来ている赤いロリ衣装だ。金髪ではなく、明るい茶髪だね。桃子人形が歌うシーンはドキドキ。なんせ人形が噛んだり、歌詞忘れたりするわけはないので、間違えられないからね。怖いなあこれ(^^)
無事に人形っぽく歌い切ってました。さすが人形舞台のリーダー、人形っぷりも見事(⌒▽⌒)

そういえば、全体的にもミスらしいミスはなかった気がするな。

岩沢役の倉敷亜美。この人の男装力は文句のつけようがない。さすがに格好いいな。中村彩香の方は守永真彩同様去年のLoveMeDoll組だ。猿の二郎は悪くはなかったのだが、正直微妙な感じがしていた。だが、今回のチンピラ役はなかなかよかった。表情豊かな演技だね。

そして、白石まるみさん登場。31歳の役だが違和感がない。若いなあ。注目の母娘キスシーンは・・・ほっぺだった(^^;

博士役は真一涼。眉毛を剃って、真っ白なウィッグに丸メガネ。入ってるねぇ(^^)
演技はもちろん安定感。博士のユーモアや狂気・悲哀もうまく表現されている。竹中さんの博士は不動な感じであったが、涼ちゃんなら行けるね!

ちなみに今回の桃子人形の改造費は・・・15億!┌(゚Д゚;)┐
初回は3億5千万、2回目は5200万だったことを考えるとずいぶんと跳ね上がった。3,4回目はいくらだったっけ?時代を考えるととんでもない金額。いくら銀行強盗してもそこまではそう簡単には・・・?

そういや桃子は小学校上がる前日に事故にあったはずだけど、7歳とか言ってた気が・・・6歳のはずだよね(^^;

面白かったのは守が居眠りをしていて、桃子人形と戯れる夢を見るシーン。桃子は改造されていて、守と一緒に歌って踊る。これは今までなかったシーンだね。早希ちゃんの出番も増えて何より。もちろんここも新曲だ。

衣装もピンクのロリ服に変わって、かわいらしく、それでいて、ちょっと昔っぽい振り付けがいい。守の想いがわかってよいシーンじゃないかな?ちょっと贔屓目だけど(笑)

ラストの銃撃戦のシーン。知ってても泣けるね。桃子人形を連れてきたときに、手がもげちゃうシーンがあるのだけど、もげなかったなあ。「手がぁ!」って台詞はあったからトラブルなのかな?まあ、うまく切り抜けていた。

終演の挨拶。ここで、ちょっとだけ撮影タイムがあって、SNSで拡散してくれとのこと。事前にツイッターで見ていてカメラを持ってきたのは良かったが、この位置では・・・
ファイル 2164-1.jpg

前の人が頭上に手をあげて撮ればどうしたって入っちゃうよねえ。

というわけで日曜の写真も貼ったり。
ファイル 2164-2.jpg

こちらは端っこだったので角度がね(^^;

終演後はサイン&握手会。早希ちゃんと涼ちゃん分を。それぞれの写真集にサインしてもらう。桃子人形近くで見るとすごいメイクだな( ゚Д゚)
ファイル 2164-3.jpg ファイル 2164-4.jpg

早希ちゃんにはバレンタインのお返しもしないとね(^^)

この後夜にはスペシャルライブがある。ちょっと時間潰さないとな。
で、その次のイベントはどうやら4/23に少女人形舞台があるらしい。なんかここんとこいろいろイベントがぶつかるな・・・。

コメント一覧

ムーンライトチェリー (04/05 00:40) 編集・削除

こういうメイクだとどうしても黒柳徹子になっちゃうよね…早希ちゃん

魔竜王 (04/09 01:08) 編集・削除

ま、まあ、さすがにちょっと怖いなこれわ(^^;

ページ移動