記事一覧

七人の部長  2011年03月12日(土)23時18分

朝から情報を集めていたのだけど、どうやら「Little steps X」は実施されるらしい。昨日の初日は公演の真っ最中に地震が起こって中止になったらしい。

東北が大変な中ってのもあるが、公演中止にしたりキャンセルになったらかなり痛手だろうしねえ。余震も気になるけど、気にしすぎても始まらない。

アカシウスが17時までなのでちょっと早い。途中でオレンジさんに会ったので喫茶店で時間つぶし。

場所は大塚の萬劇場。何度も来ているところだな。開場時間になると続々とアカシウス系の人たちが。今回の出演はダブルキャストなので、出演回が絞られるからだろう。

自由席なので最前列のど真ん中を確保。周囲にアカシウス系の人が。少なくとも8人はいたかな?

芝居はというと、生徒会の部の予算会議での一幕。ほんとに一幕。シンプルな構成だ。ちなみに役どころは演劇部部長。ま、つまりは女子高生役だ。他は文芸部、アニメ部?と陸上部、ソフト部、剣道部。生徒会長は手芸部の部長を兼務。これもシンプルだ。書記や副会長がいないのはアレだけど。それにしてもアニメ部ってあるのかな?漫研は聞くけどね。

先生に決められた予算を了承するだけの会議に演劇部部長が疑問を投げかけて・・・という流れだ。実際にあり得る話でもある。それだけに難しいとも言える。

正直部の紹介が7つ続いたときはちょっと間延びしてる感覚があったけど、後半はいい流れだった。

ああいう人に訴えかける芝居ってうまいと思う。気持ちが表情に出やすいんだよね。役的にはなかなか「おかしい」ってアレだけ主張できる人って若い頃は少ないよね。そういう意味でも小気味良い。最後もいい雰囲気で終了。青春だなー(ノ∀`)

さて、終わりかと思ったのだが・・・二部開始(・ω・)?
どうやら二部はダンスメインらしい。

うーん、ダンスはそれなりなのだけど・・・持って行き方がどうも陳腐な気がする。小芝居が入るものの、ダンスだけを4,50分見させられるのもちと長い。もうちょっと短くして、オープニングダンス、挿入ダンスでやってくれたのなら良いのだけど、なんか一部の余韻が打ち消されてしまう感じがして残念だ。衣装を曲毎に早換えするのは見事なのだけどねえ。

終演後ロビーに出てくる。大人気でなかなかとりつけない。こういうの必要だな。自分で沈んでっちゃう人なので、みんなにちやほやされた方が伸びる子な気がする。ちゃんと水をあげると育つ感じ?なので見ていて楽しい。

ようやく捕まえて、一応ホワイトデーっぽいものを渡すと、写真と飴を貰える。出演者の中で最後まで残って終了。お疲れ様。千秋楽も頑張ってね。大きな余震が来ないことを祈るよ。

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maryu.mydns.jp/maryulog/diary-tb.cgi/1650

トラックバック一覧