記事一覧

Anison A to Z  2013年02月10日(日)23時56分

こないだ秋葉原を歩いていたら、丁度ゲーマーズで、岩男潤子のNewアルバム「Anison A to Z」をフライング発売していた。よく見ると、発売イベントのチケット付きだというので早速購入。

で、本日ゲーマーズ本店にてミニライブ&トークショー&CDサイン会だ。

昼と夜2回あったのだけど、私は夜の部。16:30開場で20分前に行くと、まだ2番目。ありゃ?人気ないのかなあ?まあ、席は抽選らしいから早く並ぶ必要はないのだけど。

20人ほどの列になったところで開場。席は2列目だった。2番目なので一番奥、右側に座らせられる。1列目の人は席番まで書いてあったようだ。

入る時に消毒のジェルを手に貰う。今時な感じだが、これをするってことは握手もあるのかな?

開演までNewアルバムが流れている。今回のアルバムは前回に引き続きアニソンカバーアルバムなのだが、いや、「Adesso e Fortuna ~炎と永遠~」はマニアック。どうやら川村竜さんチョイス曲らしいのだけど、わかってらっしゃる。ロードス島戦記のOVAだね。

元々CD持ってて、Sherryのぶっきらぼう的な感じや、新居昭乃バージョンも好きなのだけど、岩ちゃんの切ない歌い方も素敵だ。

「愛おぼえていますか」も入ってて感慨深い。版権関係も苦労する代物だが、版権の許諾が厳しいらしい菅野ようこも「VOICES」を快く許可してくれたとか。そういや、飯島真里も厳しいらしく、智ちゃんの時に苦労したと聞いたな。アレンジしないとダメらしい。

ま、A to Zは竜さんがしっかりとアレンジしているので大丈夫だろう。しかし、高さはおそらくこれは原曲のままだ。20代のときは高すぎて歌えなくてずっと練習してきたとのことだが、今では自然に声が出るようになったそうだ。

オープニングで「星間飛行」を披露。これはあまり、岩ちゃん向きではない気もするけどね(^^;

そして、川村竜さんと岩ちゃんでトークショー。のっけから飛ばしまくって大爆笑の渦。元々岩ちゃんの天然さは面白いのだが、竜さんの突っ込みでボケが引き立つね!(笑)

まじめな部分ではやはりCD作成についての経緯とか。カバーアルバムを続けることについて、反響が大きくて続きが欲しいとの声にどうしても応えたかったのだとか。そうなるととにかく、竜さんはアニメに広く深く思い入れが強い人なので、頑張っちゃったみたい(笑)

最初少ないかなと思ったお客さんも50人以上入って盛況だ。CDもオリコンのインディーズ部門で16位だったらしい。

最後にもう1曲、「プラチナ」を歌う。これは岩ちゃん本人がどうしても歌いたかったらしい。やはりC.C.さくらには思い入れがあるのだろう。

1時間くらいかな?竜さんがミニライブ・ロングトークと言ってた通り1時間くらいに。

ここからはサイン会。買っていたCDにサインを入れてもらう。そして、来月のライブのチケットも売っているということなので、その場で購入。クエストホール・・・これまた懐かしいな(^^;

握手してもらいつつ、CD-Rをもらう。そういや、お渡し会って書いてたけど何だろうこれ?・・・を?先月のMUSICASAでの「プラチナ」が収録されているようだ。後で聞こうっと♪(⌒▽⌒)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maryu.mydns.jp/maryulog/diary-tb.cgi/1825

トラックバック一覧