記事一覧

ミッドナイトフラワートレイン  2006年07月26日(水)23時51分

昨日からアトリエ公演が始まっているのだが、とにかく仕事が忙しいのでなかなか行けない。仕方ないので初日は身代わりを立てておいた。
ファイル 381-1.jpg

とりあえず今日は定時退社デーということでたまってる仕事をおいてエルスタへ。

開場の7時をちょっと回ったところで到着。美子ちゃんが浴衣でお出迎え。今回は珍しく指定席だ。A-8。最前列の右端だが、その前にも一列席があって、どうやら当日券だとそこらしい。最前列の方がいいような気もするが、タイガーによるとケツが痛くなるらしい。

隣にはどうやら河合久美さんのお友達らしき人たちが多数。結局40席はほぼ埋まっていたかな?

朝倉さんに操られた美子ちゃんからパンフレットを買う。最近良く操られるなあ。素直なのだねえ。

あ、早希ちゃんの特技が「バストアップ」になってる(^^;

開演。いきなり早希ちゃん登場。天神お染だ。台詞がほとんどない。そういえばそんな役あったなあ。とにかく腰が低くてかいがいしく働く。なんだろ?普段そんな感じではないのだけど、普通に早希ちゃんっぽい感じがする。とても欲しい(笑)

あまり注目されない役どころなのでこまごまと動くようにしていたらしい。大丈夫。私は見てるよ(´ー`)

主役の弁天マリアは茂呂真紀子。写真ではそう思わなかったけど、なかなか綺麗な人だ。意外と芸暦長いのかな?鬼気迫るような迫力はないけど、柔らかい感じのマリアでよかったかも。

ライバル?のキャサリン青田に前回のアトリエ公演にも出演した河合久美。一座にこれも客演の笠原あきらと田中のり子。キャラをうまく分けてるのはいいけど、最初ちょっと騒がしかったかな( ̄ヮ ̄;)大きな小屋じゃないのでね。まあ、実際楽屋ってのはそんなものかもしれないけど。

なんというかいろいろ小技で笑いを感じで、隣の内輪の人たちは結構笑っていた。知り合いが変なことしてればね。

少し遅れて登場のフランソワ沢村役に夏生優美。例の朝倉さんの好きな役どころだ。初舞台とのことだが、なかなかどうして、かわいらしく、いやらしくなく演じられていたと思います。懐かしいテディベアの衣装着てました。

女将にマヤちゃん。さすがに和服が良く似合う。劇中回想劇?では天宇受売命やくで大胆に踊る。出てきた時、あれ?これはもしや・・・と思ったのだが、最後にババーン!っと上半身を露に。もちろん後ろ向いてたんだけど、私の席は端だったので角度的に良いものを拝ませてもらえました( ̄人 ̄)

いやあ、ノーブラだなあとは思ったけど・・・さすがに93cmは伊達じゃない。女優さんって凄いな。

もうひとつ劇中回想劇の中のバレエの先生役に智ちゃん。声だけの出演だ。さすがにうまいのだが、うまさが痛い。なんだか芝居世界から現実に引き戻される感じで思わず頭を抱えそうになる。

早いとここの天照大神さんを天岩戸から出しておくんなまし。

終演。全体の感想としては、思ってたより面白かったかな?以前見た作品でもあるので内容はわかってるのだけどね。

しかし、この公演絶妙なタイミングだわ。ああ、なんだな、仕方ないというか動かせないというか。困ったものだ。芸術ってなんなんだろうなあ?

終演後は出演者が、客席に挨拶に出てきてくれる。これは嬉しいね。通路は狭いし、なかなか居難いからね。

美子ちゃんが持ってきたかごには「友情せんべい」と書かれた紙が入った煎餅が入っている。200円らしい。

早希:「お腹がすいたのでお煎餅買ってください。」

俺のじゃねーのかよ!(爆)も~、かわいんだから(笑)
つーわけで自分の分と二つ購入。思う壺( ̄ヮ ̄;)

明日も一応来るつもりだけど。かなり仕事やばいのでどうやって抜け出したもんか・・・。

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maryu.mydns.jp/maryulog/diary-tb.cgi/381

トラックバック一覧