記事一覧

ショート・パッケージ  2004年07月10日(土)06時46分

今日は涼ちゃんがポップチャペルに出るようだったけど、だいぶ前からX-QUESTの公演が入っていたのでそちらの方へ行きました。ポップチャペルは人集まったのかなあ?

今回は東京芸術劇場小ホール。久しぶりだ。開場は18:30だが、ちょっとすぎたくらいに到着。

席は真ん中辺の2列目。ちょっと前の人が邪魔だが距離的には近くてよいな。後ろを見ると若干立見の人がいるようだ。チケット売れてんなー。座席は300席だからそれ以上ってことか。

ちょっと押して開演。予想通り、芝居というよりはダンスメドレー。今回は今までX-QUESTがやってきたお芝居のダンスをいっぺんにやるってふれこみだったからね。初めての人にはお勧めできんかも。

ステージが広いだけあって、出演者も多い。そしてその多くの出演者のダンスが見事に揃っている。すげー。なんといってもX-QUESTの醍醐味はこのダンス。キレが良くて、とにかく速い!そして、重量感。迫力がある。

衣装はみんななんだかぱっとしないつなぎなんだけど、それぞれ、背中あたりに名前のゼッケンのようなのが入っている。それぞれカラーもあるようでソックスと同色のつぎはぎをつけている。いちおうそれぞれ、微妙に変えているようで、けーなも含めて一部の女性はミニスカート仕様。けーなのカラーはもちろんピンク (^^; 中もピンク(爆)

私はもちろん?けーなを中心に見ていたわけだけど、さすがだねえ。なんとも楽しそうに踊ってるんだこれが。この楽しそうにってのがけーなの魅力だね。びしっと決めるところはキリリっとした表情になるんだけどね。

髪がツインテールなので暗闇の中でもシルエットで見つけやすい(笑) そういえばそろそろいい歳のはずだけど、意外と自然だなあ。

一応芝居というかストーリーになってるのかなってないのか微妙だけど、オープニングダンスメドレーとか息もつかせぬ構成なので見てて面白い。かっこええのお。

途中休憩のようなゲストコーナーもあり。今日は以前芝居に出ていた船戸慎士さんでした。

ゲストコーナーを終了し後半戦も踊りまくり!驚いたのがけーなの水着姿!一応つなぎなのでチャックが前にあって、女の子3人が脱ぎだしたから、下はピンクのレオタードみたいなやつかなあ?と思ったら、ピンクはピンクでもかなりきわどいビキニ!

フリフリもついててかなりかわいいやつなんだけど、いやいや、これがかなりいけてます。けーなってやっぱスタイルいいのネ。ウェストのくびれが実に見事。それでいて、ふとももとかのぷにぷに感が極上。さすがの私もちょっと釘付け(笑)

そのあと、倉田知美さんの生着替えとかもあったけど(どんな公演じゃ)目じゃないな。つーかこの人ちょっとキャラに無理があるような気がしてるんですけど(^^;

久しぶりに給食費コーナーも。ちょっと今一歩だったかな?

ラストに近いシーンでは全員が白い衣装に。公演日記で書いてたスカートが取れちゃったやつはこれかあ。って、今日も、ちょっと遅れて出てきたと思ったらスカートのホックの調子が悪かったらしい。「大丈夫」とか言ってるのが見えた(笑)きっとさっきゴリ蔵さんに抱えられてステージに放りだされたせいかも (^^; 最後の挨拶あたりでも押されてすっころんでたけど、やっぱり楽しそうでした。

時間にして2時間半。踊りに踊ったり。これはきつそうだね。でも、踊りのレベルはかなり高いので一見の価値あり。こういうの見ると、まあ、真似はもちろんできないけど、自分ももうちょっと頑張らなきゃなあって刺激になりますな。私にとって芝居とかライブってそういう意味もあります。明日への活力というか元気を分けてもらうっていう。半分凹むんだけどね (笑)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maryu.mydns.jp/maryulog/diary-tb.cgi/633

トラックバック一覧