記事一覧

岩ちゃんコンサート渋谷公会堂  2000年01月05日(水)14時12分

レポがたまってるよ~な気もするが、とりあえず先にできることを。正月休みくらい
じゃ片付けも、HPの更新も全然時間が足りない。

んで、今日は仕事始めであるが、帰りに渋谷公会堂へ。岩ちゃんコンサートだ。
新年早々岩ちゃんの曲が聞けるのは良い。そういえば去年も行った様な気が。

6時ごろ到着。既に会場している。とりあえず荷物を置いてグッズ売り場の列に
並ぶが最後尾。結局買えなかった。終演後に買わなくては。途中セバスチャンを
見かけるが声はかけられずじまい。

開演は18:30ちょっと遅れて40分くらいだったか。

曲順は

1.しあわせの向こう側
2.私に帰ろう
3.I'm gonna make it
4.SHINY DAY
5.fiary garden
6.おもちゃ
7.雨
8.泣かないWeekend
9.ずっとあなたを探してた
10.那由多の夢
11.hurt
12.粉雪のプロローグ
13.Forever dream

アンコール
14.Fly over to you
15.翼になれ

でした。「appear」の曲がすべて入っていますね。

1曲目。いきなりかなり好きな「しあわせの向こう側」やはり生は違う。一曲目で多少
緊張が見られたのがちょっと残念。

大体2曲ごとにMCが入る。今回のアルバムは自然の音を入れたかったということで
小川のせせらぎと小鳥のさえずりが聞こえて「fairy garden」

岩:「目をつぶってお聞きください。」

とのこと。「おもちゃ」はからずもこの辺は泣いてしまっている私。朝から右目にもの
もらいができて痛くてそのせいかな~と思ったら左目からも涙がこぼれる。

谷山弘子さんに「かわいい曲だけど切ない詞にしてください。」と頼んだらしい。でき
あがったタイトルが「おもちゃ」だったのでかわいい感じになったのかな~?と思ったら
読んでて涙が止まらなくなったそうだ。うん、切ないねえ。ふう。

「雨」は岩ちゃんが作った曲。「雨よ」の部分がとても印象的。岩ちゃんは振りをあまり
入れる人ではないが感情によって多少振りが入る。

「泣かないWeekend」と「ずっとあなたを探してた」はアレンジがだいぶ違う感じだった。
(ボサノババージョン)「ずっとあなたを探してた」は思いいれが強い曲らしく途中詰まる
場面も。

そしてお待ちかねの「那由多の夢」。これが聞きたかった。不動ジュンの気持ちになって
書いたという詞は感動です。個人的には間奏のギターは不用だと思うのですがね。
これが聞けただけでも満足。ああ、また泣いてしまう。

でも、岩ちゃんも今日は良く泣いてたな。どうもつられてまた泣いちゃうんだな。泣き虫で
いかん。

「hurt」「粉雪のプロローグ」とテンポのよい曲が続き、そしてラストの「Forever dream」
ではスタンディング・オベーションが起こる。感激する岩ちゃん。どっかで聞いたような
タイトルだが(^^; 非常にいい雰囲気となる。

が、残念なことに無粋なファンが「アンコール!」の掛け声をはじめる。岩ちゃん
コンサートではそんなもん必要ないのに。

アンコールは「Fly over to you」。アニメ紅白の時の話をして涙ぐむ岩ちゃん。うう、
もらい泣きだあ。「Fly over to you」も大好きな曲。いい曲だ。

最後は「翼になれ」。感動のフィナーレだ。

岩ちゃんのコンサートに来ると自分の気持ちが優しくなる気がする。それがなにより
嬉しい。とても心に響いてくる。今回は

岩:「みなさんにずっと座って聞いて欲しいと思って選曲しました。」

とのことで落ちついて座っていられるのも嬉しい。

岩:「風邪が流行っているようなので咳とかくしゃみとか我慢しないでしてください。」

というところがいかにも岩ちゃんらしい。

心が暖まった所でグッズ売り場へ(^^; 早めに並んだので意外と早く買えた。
新しいテレカが出ていたので5枚ほど購入。以前の4種類も売られていた。明日
買おうかな?<持ってるだろ

あとはちょっとよさげだったので卓上カレンダーを買ってみた。2000年の智カレンダー
は写真部分が大きくなったのはよいがカレンダーとしては見難くなったし(^^;

アンケートを書いて外に出るとセバスチャンがいたので挨拶。明日は来ないそうだ。
「See you next time!」ってあんたそれ英語じゃん!やっぱ英語しゃべれるのか。
じゃ、英語で話してくれた方が通じたろうに(^^; でも、

「櫻井智さん関係の友達」ってこういう場で大声で言わないで欲しいな(^^;

次に会うのは21世紀かもなあ。

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maryu.mydns.jp/maryulog/diary-tb.cgi/859

トラックバック一覧