真一涼写真館

 


「POP CHAPEL 2002」
(御茶ノ水クリスチャンセンター 2002年6月29日)

No.1
F2.8 1/60 L
F401
No.2
F2.8 1/60 L
F401
No.3 
F2.8 1/60 L
F401
気付く人は気付く。最初の撮遊会の時の服。懐かしいね(^ー^) 見かけによらず、深い歌い方をする この距離のデジカメフラッシュ撮影はちときつかった
No.4
F2.8 1/60 L
F401
No.5 
F2.8 1/60 L
F401
No.6
F6.7 1/125 140mm L
SUPER400
1部と2部の休憩中 終了後看板の裏で これからはこういう一般イベントも多くなるかな?
No.7
F5.6 1/125 120mm L
SUPER400
No.8
F5.6 1/125 300mm L
SUPER400
No.9
F5.6 1/125 160mm L
SUPER400
振りも研究中? もともと歌手志望だけになかなか。 歌を歌ってる時はとっても楽しそう

L = フラッシュ S = スポット測光  ± = 補正値

レポート

2002年6月29日(土) POP CHAPEL 2002
今日は御茶ノ水でチャペルライブ。今回は平日ではなく土曜日でしかも、地下のアイリーンホールではなくて8Fの大聖堂?でのライブ。エルからのメンバーは前回同様、実柑ちゃん、純ちゃん、涼ちゃんの3人。

新宿でGUBABAさんと待ち合わせて14時過ぎに御茶ノ水へ。会場は14:30からだが既に10人ほどがいた。魚、遠征組もいる(^^;

今日はマイティレディの発売日って事でDVDの販売があるらしい。智ちゃんが出ているのは「ヴァージナル」だけど、「ニューエピソード」に実柑ちゃんが、「レパーディオ」に涼ちゃんや純ちゃんが出演している。ちょい役らしいけど。なお、「ヴァージナル」にははるかちゃんやマヤちゃんなども出演してます。

ちょっと押して40分に開場。思ったより広い。真ん中の2列目に座る。この距離だとデジカメの3倍ズームではきついかなあ?まあ、一眼で75-300持ってきたから問題ないけど。客の入りはお世辞にも多いとは言えない。席の1/5くらいか?数にして30人ってとこか。関係者(出演者の親)も多いようだ。

司会は小沢しのぶ。今日は歌わないようだ。微妙に面白いところもあってまずまずの司会をしてくれる。

開始前に妙にじゃりどもがいると思ったら実は出演者だったらしい。なにやらセンセーショナルキッズとかいう,要は子供のダンスチームらしい。5、6歳の子から中学生くらいまでだろうか?総勢24人。しかし、そのレベルはまあ、学芸会レベルでした。

せめて振りはちゃんと覚えてやって欲しい感じ。横見て真似すんのやめてくれ。立ち位置もぐちゃぐちゃだし明らかに練習不足。上位数人に絞ればまだ良かったろうに。

次にできたのは涼ちゃん。あう、なんだかあまり見た目変わらない(笑)今日もウィッグを付けているが今回はヘアバンドで境目を隠す。なかなかいいのでは?涼ちゃんが歌うのは「ACTRESS」と「夏服の少女」。「ACTRESS」は歌い慣れてるせいか、かなり良かったけど「夏服の少女」はもうちょっとだったかな?精進精進。

次は田口なつき。以前出ていたような気はするなあと思ったら曲には聞き覚えがあった。でも、前回出演の時の方が良かったと思う。体調でも悪いのかな?

次は混声戦隊コーラスファイブとかいう変な団体。ま、5人のアカペラなんだけどやっぱいまいちかなあ、特に女の子ふたりがルックス、技量ともに無理があると思う。戦隊ものを絡めた感じは面白かったけどそれも技量があってこそ。でも、どっちかというともう、女の子ふたりを差し替えた方が早い感じ(^^;

そして、お待ちかねのギャルズ登場。実柑ちゃん純ちゃんだが、マイティレディ絡みって事で、涼ちゃんも出てきて更にもう一人、出演者のあやちゃんが登場して4人で挿入歌を歌う。おお、なんか揃ってていい感じだ。

あやちゃんは16歳で高校2年生。スーツアクトレス見習いらしいが、なかなかかわいい感じで好印象。グッズ売り場ではなんとマイティレディのかっこをしてDVDを売ってました。一応握手もOKとのこと。

その後実柑ちゃんはさらに別の挿入歌を歌う。

休憩。今回は長丁場だ。ここでギャルズ&あやちゃんが売り子に出てきたのでDVDを買うことにする。しかし、経済力がないので残念ながら買うのは「ヴァージナル」のみ。す、すまんのう。特に実柑ちゃんが、

実:「そっかぁ、そうだよね。」

とか寂しそうに言うのがちょっと辛い。うう、重ね重ねすまんです。

それでも、みんなしてパッケージにサインを入れてくれるし、なんかちょっと写真も撮れるっぽいので早速デジカメ使用で1枚ずつお願いする。

で、そうこうしているうちに中ではいつの間にか2部が始まっていたらしい(^^ゞ

中に戻って見ると、人がほとんどいなかったり(^^;

どうやらひとつ見損なったらしい(^^; まあいいや。で、次だがTAKASHI&YUKOとかいうよくわからん組み合わせ。なにやらバレエベースのダンスをしながら歌う感じなのだが、はっきり言ってどっちかにしろっ!って感じ。いや、ダンスが邪魔だ。鬱陶しい。んー、全体的に見てこれが一番苦しい。with SHUHEIったって誰だよ。何でそんなにもちあげてるのやら。

続いて田城今日子。うーん、歌はいいんだけどねえ。

更に続いてやまださやか。うーん、歌と胸はいいんだけどねえ(^^;;

次の竹田さやかはおなじみ。この人は相変わらずなのでいいの(笑)ある意味独特だから(^^;

そして再び実柑ちゃん登場。「ONE NIGHT LESSON」「この夏一番晴れた日に」。「ONE NIGHT LESSON」は手拍子も入って結構盛り上がる。「この夏一番晴れた日に」はあまり歌って欲しくないけどなー。

純ちゃんは「夏の絵本」と「恋心」?ちょっと自信ないが。むむ?純ちゃん前回よりまたうまくなったかな?感情移入したのか歌い終わった後涙ぐむ純ちゃん。そうそう、こういう感性が欲しいよね。歌には感情が入ってないと。

また例の子供たち登場。あう。なげぇ。ルックス的にそこそこな子も歌が予想外にうまい子もいるにはいたが、それもちゃんと振りと歌詞と配置覚えてからな。とてもステージに上がるレベルではない。子供だから騒がしかったり

最後は全員で「Sweet Memories」でも、この曲がはやった頃はまだこの子たちは生まれてなかったんだろうなあ( ̄_ ̄;)

結局トータルで5時間くらいやっていたのか。ちょっと疲れたのか終了後、朝からの頭痛がかなりひどくなる。うがぁ。でも、ギャルズの部分はかなり良かったので8月のライブも期待してまーす。